Classification of Aluminum alloy
A6063TD 表面処理性の優れるAl-Mg-Si系合金 (熱処理型)

<<戻る

特 長
  • アルミ合金中、表面粗度が非常に良好。
  • 耐食性・表面処理性が良い。
  • 多種多様な形状・型材が製作可能。
  • 焼入れ・焼戻し処理等により高い強度が得られる。

用途例
  • 一般機器:エアシリンダー
  • 電気機器:コピー機ドラム

機械的性質 =調質  =値
※ 抽伸パイプとして数値はすべて調質相当であり、保証するものではありません。
硬度
HV
T8 T3 --(先行ナマシ) O
75 70 40 26

引張強さ
N/mm2
T8 T3 --(先行ナマシ) O
250 230 160 100

耐力
N/mm2
T8 T3 --(先行ナマシ) O
230 210 150 50

伸び
%
T8 T3 --(先行ナマシ) O
13 8 -- --

導電率
%
T8 T3 --(先行ナマシ) O
53 40 -- 58
調質の説明
【 - 】
  • 1/2硬質
  • 曲げ・成型加工に
【 T3 】
  • 硬質
【 T8 】
  • T3より硬質かつ強度が大、耐力もUP
  • アンテナなど軽度の成型加工に
【 O 】
  • 軟質で、いわゆる完全なましの事
  • 強度は落ちる
  • 成型加工及び、曲げ加工に適する