Classification of Aluminum alloy
A5056 高マグネシウム含有の高強度Al-Mg系合金 (非熱処理型)

<<戻る

特 長
  • A5052よりも、強度と切削性が優れる。
  • 耐食性が良い。
  • 切削加工による表面仕上がりが良好。
  • アルマイト性良好である。

用途例
  • 構造材
  • 精密機器:光学機器部品(レンズ鏡筒、カム)、通信機器
  • 電気機器:デジタルカメラ
  • 一般機器:船舶等

機械的性質 =調質  =値
※ 抽伸パイプとして数値はすべて調質相当であり、保証するものではありません。
硬度
HV
H H34 H32 O
95 82 70 63

引張強さ
N/mm2
H H34 H32 O
350 290 280 270

耐力
N/mm2
H H34 H32 O
290 230 220 150

伸び
%
H H34 H32 O
12 17 -- 35

導電率
%
H H34 H32 O
35 28 -- --
調質の説明
【 H 】
  • 硬質
  • 強度(硬度)優先
【 H34 】
  • 1/2硬質で残留応力を中程度除去できる
  • 強度(硬度)は、ある程度保持している
  • 切削を前提に、光学・工業機械用ロール向け
【 H32 】
  • 1/4硬質で残留応力をやや大きく除去できるが、強度(硬度)は、H34よりも低下する
  • 切削を前提に、光学・工業機械用ロール向け
【 O 】
  • 軟質で、いわゆる完全なましの事
  • 内部応力除去を優先で、強度が落ちる
  • 曲げ加工に適する